2010年02月12日

本能寺の変「天正十年夏記」の解釈−信長メモ6

本能寺の変、朝廷陰謀説の一史料 その読み方

本能寺の変の原因や、明智光秀の黒幕について、作家や歴史家が、いくつもの説を唱えている。実証的なものもあれば、推理小説まがいのものまで、多彩で、楽しいものだ。

朝廷陰謀説というのも、そのうちの一つである。

光秀と朝廷がツルンでいた、というのだ。

それを証する史料のうち、例えば、次のようなものが提示される。

六月十七日 天晴。早天ニ済藤蔵助ト申者明智者也。武者なる者也。かれなと信長打談合衆也。いけとられ車にて京中わたり申候
(『天正十年夏記』勧修寺晴豊)

光秀の近臣、斎藤内蔵助(利三)が、山崎合戦後、羽柴方に生け捕られ、京中を引き回されながら、刑場へ向かう。これを、公家の勧修寺晴豊が、道筋で見物したのだろう、その時の光景と思いを、本人が日記にしたためたもの。

この描写のうち「信長打談合衆也」の表現に目を付けて、「信長打倒を、我ら(晴豊=公家)と謀議した者」と解釈すれば、朝廷陰謀説の、一つの「根拠」が、出てくるわけだ。

だが、それは早とちり、というのが、筆者の感想である。

このばあい、「談合」の意味を、打ち合わせ、謀議、根回し、密談、などと、仮に、現代風に解釈したとしても、その意味は、

1、主人・光秀と「談合」した主臣たちのうちの一人。
2、我ら(晴豊=公家)と談合した者。

と、二通りの解釈が、当該文からは、できるはず。

そうであれば、少なくとも、この史料から導き出される解釈としては、1、の解釈が普通であり、必ずしも、2(朝廷陰謀説)の解釈「しか出来ない」、ということには、ならないのだ。

これを朝廷陰謀説を唱える論者の方々は、どう合理的に処理されているのだろうか。

いわんや、「談合」ではなく、「談合衆」と書かれている。

「談合衆」とは、中世の武家において、軍議、軍談が主要な任務の近臣集団を言う言葉である。したがって、「信長打談合衆」とは、信長打倒を、主人・光秀と語り謀った、主だった近臣・部将・重臣、というほどの意味でしかない。

また、仮に、斎藤内蔵助が、晴豊ら公家たちと、信長打倒を謀議した相手なら、「明智者也」「武者なる者也」などと、晴豊自身が、「とうに知っていること」を、自分の日記に、あたかも他人に、あらためて説明するかのように、わざわざ書き記すことは、この段階ではありえない。

さらに言うなら、明智の残党狩りのありさまを、眼前に見る最中に、「信長打倒を、我々と打ち合わせした者」などと読める文言を、いくら私的な日記とはいえ、その日の日記に、リアルタイムで書き込むとは、とうてい思えない。

そう、『天正十年夏記』の意味するところは、単に、「 1、主人・光秀と「談合」した主臣たちのうちの一人」といったものに過ぎない。

したがって、この「天正十年夏記」(勧修寺晴豊)は、”朝廷陰謀説”の根拠にも、傍証にも、全くなりえないのだ。
posted by somo at 12:57| 信長メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0
QRコード
昭和少年つぶやきぐさ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。