2010年10月18日

古代阿波の謎を暗示する、大和三山

大和三山、三輪山、など、その他、遺跡、古墳、神社などが作り出す三角形があるという。

三角形が何を意味するのか、しないのか、これを推定するのが問題なのであって、これは難しい。何も意味しない偶然の産物かもしれないからだ。

なぜなら、三点または複数点を直線で結べば、正か変形の、三角形や多角形になるのは、当たり前だからだ。つまり、幾何学的には、何の不思議も無いことになる。春分・秋分の、太陽の道を示すという話、そのほか、いろいろと話があるのだろうが、たぶん、そうしたことを示唆するに留まるもので、古代人がほんとうは何を考えて造ったものなのか、までは確定できないはずだ。

例えば、大和三山は、畝傍山を頂点として、ほぼ二等辺三角形となることが知られている。どんな解釈が、いくつあるのかは、詳しくは知らないが、三輪山が関係することぐらいは見たことがある。

そこで興味本位に、筆者なりの勘で、耳成山と香具山をつなぐ直線(底辺)の中点から、頂点の畝傍山に直線(垂線)を引いてみた(下掲地図は、「国土地理院『電子国土』web」上のものを、筆者が加工した)。


1、その垂線を、東北方に延ばせば、確かに三輪山(大神神社)に入る。

web使用大和三山二等辺三角形、垂線、文字・矢印.jpg


2、一方、その垂線を、頂点たる畝傍山から、西南方に延ばせば、畝傍山の西南、忌部山に至ることがわかった。

web使用、大和三山三角形・垂線、忌部山、二等辺.jpg


3、そして、この大和三山からの直線は、もっと延ばしていくと、四国の徳島県、つまり、阿波国に入り、剣山系に到達するのだ(線引きがアナログで角度に誤差があるため、剣山自体を指すか否かはともかく、阿波・徳島県を指すことは間違いないと思う)。

web使用、大和三山と阿波国と、剣山の関係1.jpg


●橿原・畝傍山の神武天皇と、忌部、これは史実的に、深いつながりがある
●そして、忌部と阿波、これも深いつながりがある。
●古事記には、阿波方言が使われているという。
●淡島の、古事記の記述における「位置付け」
古事記・国生みの条。ヒルコ(水蛭子)の次の子。これにつき、古事記(武田祐吉訳注・角川書店・『新訂古事記』初版)の脚注は、「四国の阿波方面の名。この部分は阿波方面に対してわるい感情を表示する」と記す。

などなど、古代大和と阿波国の秘められた関係が、既存の史学をなぞってすら、ところどころで示唆されているのが見つかる。

大和三山が成す二等辺三角形の垂線の延長が、なぜに阿波国、そして剣山を指向するのか。

以前メモした、仁徳天皇の国見の御製。ここでは、阿波方面を望みながら、「我が国見れば」と、仁徳天皇は歌ったものだ。

日本古代、阿波国方面に、何があるのか。

三角形や垂線の方向は、偶然で、常識的解釈を超えるような、さほどの意味も、あるいは何の意味も無いのか、それとも何か、重要なことを暗示しているのか。
ラベル:阿波
posted by somo at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
QRコード
昭和少年つぶやきぐさ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。