2013年12月24日

濃姫夢幻4−信長メモ10 「濃姫」名の初出

信長の正妻、濃姫は、その実像・実態が、在るか無しかの資料を強引・飛躍的に解釈するとか、多様な想像的解釈をするとか、が、盛んに行われてはいるものの、相変わらず謎に包まれたままで、史学的研究上は、何も進展がないようだ。

それらは、今までのメモに記したが、ふと疑問に思ったことがある。

その疑問とは、いま、誰もが、便宜上、とりあえずは使う、通称、濃姫、という名を、いつ、誰が、最初に使い始めたのか、つまり、初出資料は何か、ということ。

調べてみると、わかった。

それが、江戸時代に成立した、『武将感状記』、『絵本太閤記』だということが。

『武将感状記』
尾張の国主、織田上総介信長は、美濃の国主、斎藤山城守道三と、地を争いて相戦へども、常に克たず。信長、これを憂へて、道三の君臣を離すべき謀をぞ巡らされける。先づ、両老に就いて使者を遣はし、我は道三の敵にあらず、道三の濃姫を我に許されば、嫁娶を調えて旗下に属し

『絵本太閤記』
信長、道三が女を娶り、因を結ぶと雖も、終には美濃国を斬取るべき所存有りけるが、信長、一計を生じ、毎夜、道三が女、濃姫が熟睡を伺ひ、審に起きて出、暁に至つて歸る事一月餘

『武将感状記』は1716年刊、『絵本太閤記』の第一編は、1797年刊、これを比較すれば、80年ものあとに、『絵本太閤記』が出ているので、、『絵本太閤記』は、先行の『武将感状記』を、資料として参照している、との推測が働く。であれば、「濃姫」名の初出が、1716年刊の『武将感状記』だろう、ぐらいは言えるだろう。

では、『武将感状記』が、当時の、何の史料を基に、信長正妻の名を、濃姫、と記したのだろうか。独自の創作、なのだろうか。

それは、わからない。

何にしても、「濃姫」名の、初出史料が気になっていたのだったが、とりあえず、筆者的には判明した、ということである。
posted by somo at 23:01| Comment(0) | 戦国メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RDF Site Summary
RSS 2.0
QRコード
昭和少年つぶやきぐさ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。