2007年04月12日

古戦場 山崎・深沢

『鎌倉』

古都・鎌倉の史跡を、適当に見て歩いたことがあった。記録は、昔のばか○○○カメラで撮った、露出過多の白黒写真と、史跡ガイドブックを基にして書いたメモを、書き改めたものだけ。

ただし、史跡や景観の有り様は、昭和43年4月末のものだ。



深沢方面へ行って、山崎天神

ここは、暦応年間(1340年)の頃、夢窓疎石が、京の北野社を勧請したと伝える。
w-yamazakitenjin.JPGw-yamazakiyokoanakofungun2.JPG
鎌倉幕府滅亡の折、新田義貞の侵攻を迎撃するための、幕府・北条方の砦あとも見えると言う。

近くに、山崎横穴古墳群があったらしいが、この時、すでに宅地造成のため、そのほとんどが崩壊していた。左が山崎天神、右が山崎横穴古墳群の一部残存。


洲崎古戦場

関東の大軍を率いた新田義貞が、鎌倉に討ち入った時、このあたり一帯で、北条方との間で激戦が展開された。
w-suzakikosenjyou.JPG
幕府最後の執権・赤橋守時勢は、奮戦空しく敗れ去り、守時は自刃。

江の島へ通じる道で、当時の国鉄大船工場も近い。大船・江の島間に建設中の、モノレールの鉄柱が、何か不釣合いだ。




yamafuka (1).png
ラベル:山崎天神 洲崎
posted by somo at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和43年鎌倉史跡散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
QRコード
昭和少年つぶやきぐさ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。