2011年02月15日

七石山・横穴古墳の写真 知られざる遺跡

七石山古墳(横浜市栄区)2-2.jpg

JR(旧国鉄)根岸線の延伸路線上の工事で発見された遺跡。

七石山(しちこくやま)から発掘された墳墓と、発掘物から、それは、7〜8世紀(西暦601年〜800年)の、地域有力者層、有力農民層などの墳墓地だろう、と考えられている。つまり、時代的には、古墳時代の終期から、奈良時代、といったところ、ということだ。

工事過程の昭和42年(1967年)、「本郷台」予定駅の至近に発見。

撮影は昭和43年、筆者。

この地域は、古都・鎌倉の出入り口で、今は鎌倉街道と呼ばれる、往古の鎌倉道(かまくらみち)の一つが通っていて、その沿道に当たる。そのせいか、この地域には、ここ以外にも、史跡・遺跡が、多くはないが、点在する。

しかし、ここが、山内荘(やまのうちのしょう=鎌倉の地名)の中心=本郷=に当たり、平安期、首藤氏なる者が支配していた、ということ以外は、この地域の、奈良期の有力者や長者、あるいは、名主的農民、土豪、豪族のことや、その支配構造などは、いずれも不詳のまま、といってもよい研究状況らしい。したがって、考古学的事実はともかく、この七石山横穴墓群の歴史的解釈の詳細について、未だ史実の確定は、為されてはいない、ということだろう。

七石山横穴墓群(しちこくやまおうけつぼぐん)は、神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1-2丁目にある横穴墓群。11群140基以上あったいたち川流域横穴墓群の1支群である。100基以上あったとみられ、正確に調査されているだけで43基存在したが、現在は4基ほどが線路北側に残るにすぎない。

概要
1967年に根岸線敷設工事に伴い、横浜市郷土研究会会員の千貝幸之助(ちがいこうのすけ)により存在が通報され、1968年、1970年、1972年に発掘調査が実施された。

いたち川流域をはじめとする南関東の丘陵部辺縁には、掘削しやすい土質の傾斜が多く、横穴墓が多く築造された。特徴は近隣の地名をとって鍛冶ヶ谷式とよばれる。アーチ型の断面で、よく発達した玄室の奥に小型の奥室をもつ復室構造であること、羨道は存在しないか、またはかなり退化していることが挙げられる。人骨のほか、土師器須恵器類、勾玉管玉類、鉄剣鉄刀類、耳鐶などが出土している。年代観としては古墳時代終末期から奈良時代までに幅広く編年され、継起的に造営されたことを伺わせる。この地域の有力首長層、富裕農民層らの墳墓と考えられている。

参考文献
『横浜市戸塚区七石山横穴古墳群及滝ケ久保横穴古墳群の調査』七石山遺跡調査報告書1(横浜市文化財研究調査会、1969年)
『長谷久保遺跡・七石山横穴群』明星大学考古学研究部研究報告第1集(明星大学考古学研究部、1980年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by somo at 15:40| Comment(0) | 昭和43年鎌倉史跡散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0
QRコード
昭和少年つぶやきぐさ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。